[OpenPNE3]alpha3のインストール時の注意

Written by uechoco 11月 28
[OpenPNE3]alpha3のインストール時の注意 はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:222くらい

OpenPNE3は先日alpha3になりました。一応インストールぐらいは済ませようと、先ほどインストールしましたが、思わぬところでエラーが発生したので書き記しておきます。

環境:

OpenPNE3alpha4以降はsymfony1.2に移行するようなのですが、今回インストールしたのはalpha3なのでsymfony 1.1で動くはずです。

で、インストールガイドに従って、OpenPNE3をインストールします。alpha3からはsymfonyコマンドを拡張したようなので、“symfony openpne:install DSNというコマンドで一発インストールが可能になりました。いいですね!

で、http://openpne3a3.localhost/に割り当てたので、http://openpne3a3.localhost/pc_frontend_dev.phpにアクセスすると、以下のようなエラーが発生しました。

  1. Fatal error: Class 'sfRoute' not found in /var/www/OpenPNE-3alpha3/plugins/opOpenSocialPlugin/lib/user/opOpenSocialPluginRouting.class.php on line 8

opOpenSocialPluginというのがエラーを起こしています。sfRouteというクラスを調べると、どうやらsymfony 1.2系のクラスのようです。というかOpenPNE3alpha4のTracレポートをみると、opOpenSocialPluginはalpha4で(symfony1.2で)実装予定の機能のようです。どうやらalpha3リリース時にsubversionのtagsを切るときに混じってしまったのでしょうか。

エラーの回避方法は、/plugins/opOpenSocialPluginのディレクトリごと消去するだけです。

無事にalpha3が起動できました。

[OpenPNE3]alpha2の変更点を見る

Written by uechoco 11月 28
[OpenPNE3]alpha2の変更点を見る はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:1056くらい

早々とOpenPNE-3alpha3がリリースされ、完全に後れを取っているうえちょこです。alpha2の記事を書き途中のまま放置していたので、鮮度が既に失われてしまいましたが、残しておきます。何かの参考になればよいのですが。。。

/apps/mobile_frontend/config/mobile_frontendConfiguration.class.php

mobile_frontendConfigurationクラスがsfApplicationConfigurationクラスを継承していたのが、sfApplicationConfigurationから派生したsfOpenPNEApplicationConfigurationクラスを継承するように変更されています。

/apps/pc_backend/config/pc_backendConfiguration.class.php

pc_backendConfigurationクラスがsfApplicationConfigurationクラスを継承していたのが、sfApplicationConfigurationから派生したsfOpenPNEApplicationConfigurationクラスを継承するように変更されています。

/apps/pc_backend/config/factories.yml
  1. all:
  2.    storage:
  3.      class: sfSessionStorage
  4.      param:
  5.        session_name: OpenPNE_pc_backend

セッション名がデフォルトのsymfonyからOpenPNE_pc_backendに変更されました。pc_frontendとは明示的にセッションを分けるようです。

/apps/pc_backend/config/security.yml
  1. default:
  2.    is_secure: on

pc_backendアプリケーション全体がデフォルトでセキュアな領域(認証が必要な領域)となりました。

/apps/pc_backend/config/settings.yml
  1. prod:
  2.    .settings:
  3.      check_lock:             on
  • prod(本番環境用設定)
    • check_lock=on ・・・ 内部サーバーエラー発生時に/web/errors/error500.phpを表示し、キャッシュクリア中のアクセス時に/web/errors/unavailable.phpを表示する。
  1. all:
  2.    .actions:
  3.      login_module:           security
  4.      login_action:           login
  5.    .settings:
  6.      i18n:                   on
  7.      default_culture:        ja_JP
  • all(共通設定)
    • login_module=security、login_action=login ・・・ 認証画面のモジュールとアクション。認証が必要なページにアクセスしたとき、まだ認証が済んでいない時は/security/loginに飛ぶ
    • i18n=on ・・・ テンプレートの翻訳機能(インターフェース翻訳)を有効にする
    • default_culture=ja_JP ・・・ 国際化機能において、デフォルトの国と言語の組み合わせを日本-日本語に設定する
    /apps/pc_backend/modules/*

    pc_backend(管理画面)の開発も始まったようです。navi、profile、security、snsの4つのモジュールが追加されています。securityはログイン認証のためのモジュールです。それ以外は[SNS設定]、[ナビ設定]、[プロフィール項目設定]に対応しているようです。

    /apps/pc_backend/template/layout.php

    pc_backend(管理画面)の標準レイアウトです。タイトルやh1タグにSNS名称を表示するようになったほか、[SNS設定]、[ナビ設定]、[プロフィール項目設定]の3つが常時メニューとして表示されるようです。

    ”SNS名称の表示”
    [phpcode]
    echo OpenPNEConfig::get(‘sns_name’);
    [/phpcode]

    /apps/pc_frontend/config/app.yml

    (空っぽ)

    alpha1で追加されたall_openpne_auth_mode設定がもう無くなりました。同様の設定は/data/sns_config.ymlに移行したようです。

    /apps/pc_frontend/config/factories.yml
    1. all:
    2.    storage:
    3.      class: sfSessionStorage
    4.      param:
    5.        session_name: OpenPNE_pc_frontend

    セッション名がデフォルトのsymfonyからOpenPNE_pc_frontendに変更されました。pc_backendとは明示的にセッションを分けるようです。

    /apps/pc_frontend/config/filters.yml
    1. registerDisablePlugin:
    2.    class: sfRegisterDisablePluginsFilter

    フィルタが追加されました。/lib/filter/sfRegisterDisablePluginsFilter.class.phpを参照しています。(settings.ymlのall_enabled_modulesが消えたのはこのプラグインにとってかわられたからかな?)

    /apps/pc_frontend/config/pc_frontendConfiguration.class.php

    pc_frontendConfigurationクラスがsfApplicationConfigurationクラスを継承していたのが、sfApplicationConfigurationから派生したsfOpenPNEApplicationConfigurationクラスを継承するように変更されています。

    /apps/pc_frontend/config/settings.yml
    1. all:
    2.   .settings:
    3.     standard_helpers:       [Partial, Cache, Form, I18N, Parts]

    all(共通設定)において、Partsヘルパーが標準で読み込まれるように変更されました。またenabled_modulesの記述がコメントアウトされました。おそらくsfRegisterDisablePluginsFilterで代替していると思われます。

    /apps/pc_frontend/modules/*

    いろいろと変更されていると思いますが、ここでは省略。

    /apps/pc_forntend/template/_partsLogin.php

    ログインフォームが個別パーツとして分離されました。また、set_entry_point()ヘルパー関数を用いて、拡張テンプレートの試みが始まっています。

    /apps/pc_forntend/template/layout.php

    タイトルやh1タグにSNS名称を表示するようになったほか、グローバルナビゲーション(常に表示されるナビゲーションメニュー)やローカルナビゲーション(コンテンツ内容によって変動するサブナビゲーションメニュー)がコンポーネント挿入されました。

    /config/schema.yml

    admin_user、sns_config、member_config、navi、navi_i18nの5つのテーブルが追加されました。

    /data/member_config.yml
    /data/sns_config.yml
    /lib/config/OpenPNEConfig.class.php
    /lib/config/sfOpenPNEApplicationConfiguration.class.php

    各アプリケーションのアプリケーション設定クラスが/apps/xxxxx/config/xxxxxConfiguration.class.phpにあり、alpha1まではsfApplicationConfigurationクラスを直接継承していましたが、alpha2以降はsfApplicationConfigurationクラスから派生したsfOpenPNEApplicationConfigurationクラスを継承するように変更されました。主にopAuth系プラグインに含まれているモジュールのアクションやテンプレートにパスを通すためにメソッドが上書きされています。

    /lib/filter/sfRegisterDisablePluginsFilter.class.php
    /lib/form/OpenPNEFormAutoGenerate.class.php
    /lib/helper/PartsHelper.php
    /lib/vendor/swiftMailer/*
    /plugins/opAuthLoginIDPlugin

    sfOpenPNEAuthLoginIDPluginが前を変更してopAuthLoginIDPluginになったようです。

    /plugins/opAuthPCAddressPlugin

[Web]IETesterでブラウザ表示チェックができる

Written by uechoco 11月 25
[Web]IETesterでブラウザ表示チェックができる はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:40くらい

いつのまにかノートPCにIE7が入っていて、Web制作時にはIE6のチェックができなくて困っていました。

そんなときに見つけたのがIETester。IEの5.5?8betaまでのブラウザ表示をチェックできてしまうすぐれもの。

おもな特徴は以下の通り。

  • Windows XP/Vista対応
  • IE 5.5、6、7、8beta2の各バージョンでのブラウザ表示が再現できる
  • 日本語に標準対応

これのおかげでVMwareのWindows XP(IE6)イメージがいらなくなりました。世の中便利になりましたね。

[MySQL]カラムのCOLLATE/CHARACTER SETを再設定する

Written by uechoco 11月 12
[MySQL]カラムのCOLLATE/CHARACTER SETを再設定する はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:119くらい

昔から運用しているデータベースには、文字コードをlaten1で運用しているものもあったりします。DEFAULT CHARACTER SETはシステム設定で変更できますが、テーブルのカラムに紐づいているCHARACTER SETの変更方法はALTER TABLEでて着るようです。

MySQL/ALTER – MinacoWiki

列の型変更

ALTER TABLE テーブル名 CHANGE sample_name sample_name VARCHAR(100) CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci NULL DEFAULT NULL;
ALTER TABLE テーブル名 CHANGE sample_name sample_name VARCHAR(6) NULL DEFAULT NULL;

よく間違えるのは、CHARACTER SETよりも前にNULLを書くこと。順番が違うとエラーになるので、上記を参考に記述しましょう。ちなみに、マニュアルでは、”CHANGE a a”の代わりに”MODIFY a”も使えるとの記述もありました。
[amazon]4798115169[/amazon]

[雑記]東京マラソン2009当選

Written by uechoco 11月 07
[雑記]東京マラソン2009当選 はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:18くらい

==============================
◇◇ 東京マラソン 抽選結果(当選)のお知らせ ◇◇
==============================
このたびは東京マラソンへご応募いただき、
誠にありがとうございました。
平成20年7月22日から9月22日の募集期間にて定員を大幅に超える申込みがあり
厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました。
つきましては、下記の入金支払用URLにアクセスし、参加料および手数料の
お支払いをお願いします。
なお、下記に定める期限内にお振込みがない場合には、当選無効となりますので
ご注意ください。

平成21年3月22日(日)の東京マラソン2009の抽選で当選したようです。26万人を超す応募の中から3万5千人だけが選ばれました。当選倍率は7.5倍!!なんてラッキーなw

12月にはホノルルマラソンも控えてます。気合入れないとな。

ってか運動音痴な俺でも続けられるってのはいいな。ランニング最高!