[雑記]ブログテーマ変更、WordPressのウィジェット有効活用

Written by uechoco 12月 30
[雑記]ブログテーマ変更、WordPressのウィジェット有効活用 はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:51くらい

ブログのテーマ(デザイン、スキン)を変更しました。というか、これからは好きな時に好きなテーマに変えようと思う。

どうして今まで変えなかったのかというと、テーマを変更するたびに、テーマを直接編集してブログパーツを挿入していたため。でも、これからはWordPressのウィジェット機能を使って、テーマが変わってもブログパーツが勝手に入るようにしました。

それと、リキッドデザイン(海外ではfluid widthなのかな?他にはliquid layoutとも)のWordPressテーマをいろいろ集めてます。個人的にはWordPress Themesが探し易いです。「Fluid Width」などのテーマの属性で絞り込みができ、プレビュー機能もしっかり機能しているからです。

[WordPress]HeadSpace2のmetaタグが出力されない

Written by admin 12月 29
[WordPress]HeadSpace2のmetaタグが出力されない はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:112くらい

独自テーマのWordPressにHeadSpace2プラグインを入れてSEO対策を頑張っているのですが、HeadSpace2で出力されるはずのmetaタグがなぜか出力されなくなりました。

HeadSpace2のバグかな?とも思ったのですが、いつもは何もしなくても使えていたので、HeadSpace2は悪くないはず。やっぱり独自テーマを使っているのが原因ですよね。

いろいろ調べていくうちに、wp_head();というWordPressテンプレートタグを見つけました。どうやらこいつを<head>?</head>の間に埋め込まなければいけないらしい。

そんなわけで、wp_head();をテンプレートに埋め込んだら、しっかりHeadSpace2で設定したmetaタグが表れました。おまけにgeneratorやらEditURIやら変なmetaタグやlinkタグも出力されましたが、これは消せないのかな・・・調べます。

[amazon]4839921911[/amazon][amazon]4839929548[/amazon]

[php]phpizeって便利だ。

Written by uechoco 12月 27
[php]phpizeって便利だ。 はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:124くらい

普段はyumでphpなりなんなりのインストールを済ませてしまうから、ソースコードコンパイルのphp環境に新しく拡張入れてくれなんて言われるとあせります。

今回はcurlなんぞを入れてくれと言われました。libcurlはソースコードコンパイルで入れましたが、phpの再コンパイルを憂鬱に感じていたら、phpizeの存在を知りました。

phpizeはphpの拡張モジュールのためのビルドツールで、PECLのインストールの時に使う人もいるようです。phpの再コンパイルをせずに拡張モジュールの読み込みが可能になります。

でもって、同じく初めて知ったのですが、ソースコードコンパイルのphpの展開ディレクトリの中にはext/というディレクトリがあって、その中にいろいろな拡張モジュールが準備されているようです。

参考:あらきだのメモ箱 – Apache 2.0.61 , PHP 5.2.4

ようは、ext/ディレクトリ以下の拡張モジュール(今回はcurl)をphpizeしてcongirueしてmakeしてmake installすればPHPの再コンパイルをせずに拡張モジュールが追加できるのですね

便利な世の中だ。ってか、Linux系の各種コンパイルって未だに謎が多い。勉強が足りませぬね。

走り続けるエンジニア

Written by uechoco 12月 20
走り続けるエンジニア はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:26くらい

ホノルルマラソン 2008 走ってきました。

記録は4時間55分34秒。総合順位は20061位中、5537位

運動嫌いのITエンジニアでも、走ればそれなりのタイムでゴールできるんです。

最近エンジニア啓発活動は停滞気味ですが、エンジニアとしても、ランナーとしても止まりたくはないですね。

うえちょこ。走り続けるエンジニア。

[Processing]PVectorサンプル(1.0リリース記念)

Written by uechoco 12月 03
[Processing]PVectorサンプル(1.0リリース記念) はコメントを受け付けていません。
この記事を読む時間:42くらい

Processing 1.0リリース記念として、いくつか新しい機能のサンプルコードを書いてみました。

まずはPVectorクラス。リファレンスには英語で主な使い方は書いてあるものの、実際のソースコードはありませんでした。

リファレンスに従い、position(位置)、velocitiy(速度)、acceleration(加速度)をPVectorクラスで表した実用的なサンプルを書いてみたので、PVectorクラスの1つの使い方として参考にしてみてください。

[p5code]
PFont font;
PVector position, velocity, acceleration;
final int WIDTH = 250, HEIGHT = 250;
final int STATUS_HEIGHT = 50;

void setup() {
// 画面の初期化
size(WIDTH, HEIGHT + STATUS_HEIGHT);

noStroke();
colorMode(RGB, 256);
background(255, 255, 255);

// フォントの初期化
font = loadFont(“ArialNarrow-14.vlw”);
textFont(font);

// 自機の初期化
position = new PVector(WIDTH / 2, HEIGHT / 2, 0);
velocity = new PVector(3, 4, 0);
acceleration = new PVector(0.01, 0.01, 0);
}

void draw() {
// 背景消去
fill(255, 255, 255, 30);
rect(0, 0, WIDTH, HEIGHT);
fill(255, 255, 255);
rect(0, HEIGHT, WIDTH, STATUS_HEIGHT);

// 自機描画
fill(255, 0, 0);
ellipse(position.x, position.y, 10, 10);

// 速度表示
fill(0, 0, 0);
text(“Position: ” + position, 0, height – STATUS_HEIGHT + 14);
text(“Velocity: ” + velocity.mag(), 0, height – STATUS_HEIGHT + 14 * 2);
text(“Acceleration: ” + acceleration.mag(), 0, height – STATUS_HEIGHT + 14 * 3);

// 場所の更新
position.add(velocity);
if (position.x <= 0 || position.x >= WIDTH) {
velocity.x *= -1;
acceleration.x *= -1;
position.x += velocity.x;
}
if (position.y <= 0 || position.y >= HEIGHT) {
velocity.y *= -1;
acceleration.y *= -1;
position.y += velocity.y;
}
velocity.add(acceleration);
}

[/p5code]

実行画面(クリックで拡大)

サンプルコードのダウンロード:PVectorSample.zip