Dreamweaver with Subversion

Dreamweaverでphpやhtmlを編集している人は少なくはないと思うが、その中にはSubversionと併用している方もいるはずだ。Dreamweaverでは(私の環境では)「.svn」フォルダを表示してくれないが、フォルダをアップロードすると、勝手に「.svn」フォルダまでアップロードしてしまうことが多々ある。サイト全体のアップロードを実行しておいて、ご飯を食べ終えて帰ってきてもまだ終わってなくて、「しまったっ!Subversionがぁっ!」と頭を抱えたことがある方もきっといるはずだ。

そんなときは、Cloak/Uncloak SCM Directoriesというプラグインを試してみてはいかがだろうか?このCloak/Uncloak SCMは、1クリックで、現在のサイト内のすべての「.svn」フォルダをクローク、もしくはクローク解除してくれるスグレものだ。CVSにも対応してる。
インストール方法は、ダウンロードしたプラグインをダブルクリックすることで、勝手にインストールが始まるので、指示に従えばよい。
また、使い方は、「コマンド」メニューに「Cloak SCM」「Uncloak SCM」というサブメニューが追加されているので、どちらか実行するほうを選択すればよい。実行中は何もメッセージが出ず、砂時計の待機中が続くが、実行が完了すると、何個のディレクトリをクローク/クローク解除したのかを表示してくれる。
なお、このプラグイン自体はDreamweaver MXの対応であるが、Dreamweaver 8でも使えるのは確認済みである。

私は少し前から愛用していたのだが、どうも直リンクが検索にひっかからず、紹介するためのURLがわからなかったのだが、ようやく見つけることができた。リンク先は動的ページなので、URLが変更される可能性もあるので、注意して欲しい。このURLは2007年6月20日現在で有効なものである。

Cloak/Uncloak SCM Directories, V2.0
http://www.adobe.com/cfusion/exchange/index.cfm?event=extensionDetail&loc=en_us&extid=1018603

Adobe – Adobe Exchange beta
http://www.adobe.com/cfusion/exchange/
(Exchangeから手で探す場合は、DreamweaverのProductivityカテゴリ内で、11/01/04という日付を目印にするとよい。)

About: uechoco