[VMware]iptablesを止めたらホスト(WinXP)からhttp接続ができた

Written by uechoco 2008/1/9
この記事を読む時間:243くらい

 前の記事で[VirtualBox]年末年始でわかったのは、ネットワークが面倒すぎる。というのを書きましたが、仮想のLinuxを立てて結局やりたかったのは、仮想のLinux上のWebサーバー(Apache httpd)のページを、ホストのブラウザで見れることでした。

 で、今日はふとVMware Playerをインストールしてみたのですが、ネットワークアダプタ周りはあっさりやってくれましたね。自動でネットワークアダプタを追加して、IPを割り当てて、あとはpingもsshも通りました。ですが、やっぱりhttp接続はできません。そもそもエラーログにでてこないので、apache以前の問題だと思っていろいろと調べていてたら、iptablesっていうサービスを発見した。どうやらパケットフィルタリングのサービスらしいです。

 iptablesの設定方法を調べてみたけど、100%は理解できない。オプションの指定の仕方が多いのと、インストール時に勝手にファイアウォールが有効になってたようで、pingとかsshとかは通るけど、httpは通らないのかもしれない。ウノウラボの名エントリーの1つ、ウノウラボ Unoh Labs: 専用サーバを構築するときにまず行う4つの設定にはiptablesの設定の仕方がのってるけど、とりあえず、iptablesが原因でhttp接続ができないのかどうかが調べたかったので、

# /etc/init.d/iptables stop

 というコマンドでiptablesサービスを停止したところ、ローカルからhttpd接続できました。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! これでもうやりたいことができる!すばらしい!

 iptablesは有効のほうがいいのだろうけど、Vmware上の仮想のLinux環境だし、いいのかなぁっと安易な考えを抱いて、iptablesサービスを自動起動しないようにしました。

# chkconfig --list iptables
iptables        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
# chkconfig iptables off
# chkconfig --list iptables
iptables        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

 もしかして、VirtualBoxでhttp接続ができなかったのも、もしかして?

One Response to “[VMware]iptablesを止めたらホスト(WinXP)からhttp接続ができた”

  1. Comment by km on 2012 年 8 月 13 日 19 : 39 : 30

    はじめまして、kmと申します。
    VMWare上にCentOSとApacheをインストールし動作確認をしておりました。
    ホストマシンからブラウザ経由でhttp接続しましたが上手くいかず
    困っておりました。
    しかし上記の情報からiptablesを停止してhttp接続したところ
    上手く接続できました。
    本当にありがとうございました。

Comments RSS rss うえちょこ@ぼろぐ

Sorry, the comment form is closed at this time.